×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

帰化申請の条件や方法をきかれる時は
大阪府大阪市中央区の行政書士事務所
帰化申請支援センター|大阪法務局隣
 

帰化申請ASC申請支援センター

 

帰化申請の条件手続方法費用をmobile解説。大阪府大阪市中央区で帰化申請相談会開催
帰化相談会参加方法mobile|大阪府大阪市 帰化申請サービスと費用mobile|大阪府大阪市 帰化申請書類と手続き・方法についての解説mobile|大阪府大阪市 帰化条件(帰化申請の条件)についての解説mobile|大阪府大阪市
帰化申請相談会へのアクセスマップと企業概要
帰化申請の相談会を毎週土曜日開催。大阪市営地下鉄谷町線天満橋駅より徒歩1分半、谷町筋沿い、大阪法務局となり。帰化申請の条件や帰化申請の方法・手続き、帰化費用などの質問に答えます。携帯、mobileから即電話予約OK!


帰化申請に関するお知らせ

帰化申請の期間
帰化後の氏名に使える常用漢字が追加されます
帰化申請に必要な韓国書類について
もっと見る

◆◆お得なクーポン◆◆

帰化申請の概要や条件、方法についてのトピックス

■次回帰化申請相談会

平成28年 1月 9日(土)

1/9(土)は16:00が予約済となっています(12/28現在)。
翌週1/16(土)は13:00,14:00,15:00,16:00全て予約受付可能です(12/28現在)。

予約電話
帰化申請支援センター電話番号

 帰化申請相談会ついて詳しくは、上のメニューから帰化相談をお読みください。



■次回帰化申請相談会|大阪府大阪市の帰化申請支援センターにて
■韓国家族関係登録簿記録事項証明書について(韓国の戸籍制度は廃止されています)

■韓国家族関係登録簿記載事項証明書について


 韓国では平成20年1月1日より戸籍制度は廃止されており、帰化申請には下記のさまざまな韓国語家族関係登録簿記録事項証明書を取得し日本語翻訳を付けて提出しなければなりません。

・基本証明書
・家族関係証明書
・婚姻関係証明書
・入養関係証明書
・親養子入養関係証明書
・電算化除籍謄本
・手書き横書き除籍謄本
・縦書き除籍謄本

■帰化申請とは


 帰化申請とは「日本国籍を取得し、日本人になる」申請です。
 帰化申請は永住申請や他の在留資格に関する申請などとは比べものにならないほど書類数も多く条件も厳しい申請であり、日本に住む外国人の方にとって最後の一番難しい申請となります。

 単に日本に住み続けたいだけで、在留資格のひとつと考えている方は、最近は帰化申請が許可されなくなっています。ずっと日本に住みたいだけの方は永住申請を選んでください。

 帰化申請の手続き(方法)帰化申請の必要書類については、上のメニューから帰化解説をお読みください。
■帰化申請とは|大阪府大阪市の帰化申請支援センターによる解説

■帰化申請以外のサービスについて

■帰化申請以外のサービスについて


 帰化申請を専門に扱うASC申請支援センター(大阪府大阪市中央区)では、大阪法務局その他の法務局への帰化申請以外にも国際結婚の際の「日本人配偶者等」在留資格認定証明書交付申請や「永住者」となるための永住許可申請、留学その他の資格から「人文知識・国際業務」や「日本人配偶者等」その他の在留資格変更申請など、大阪入管その他入国管理局関係の申請も取り扱っております。

 また、すでに帰化をされた方の日本戸籍の父母欄に韓国名で記載された父母の氏名(氏と名前)を日本の名前にしたい時などの相談もお聞きしています。

帰化申請支援センター(大阪府大阪市中央区)についてのインフォメーション

帰化申請|ASC申請支援センター
大阪府大阪市中央区

TEL:帰化申請支援センター電話番号
(地図

帰化相談会予約受付時間
09:00〜22:00



 帰化申請の専門家ASC申請支援センターでは、帰化申請のご依頼を検討されている方のために、毎週土曜日の午後に帰化申請や永住申請等に関する帰化相談会を行っています。
 相談会で帰化申請の条件を満たされていることを確認してからでないと帰化申請を受任することはできませんのであらかじめご了承ください。
 なお、相談にお越しになられた方の約3人にひとりは帰化条件を満たさず帰化申請ができない状況です。申請できない場合には、将来の帰化申請に備えての今後のアドバイスをいたします。

 帰化申請は、経験ある大阪法務局隣の当センターにお任せください。


帰化申請mobi
帰化申請mobiブログ
帰化申請(PCサイト)
帰化申請条件FAQ(PCサイト)
中国国籍法(PCサイト)
w親戚知人に教える


相互リンク集
ページ上部へ
帰化申請の条件と方法・手続き|ASC申請支援センター
(C)2002-2010 帰化申請の専門家|ASC申請支援センター